スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糞ハンゲ

前回に引き続きワンタイムパスワード解除についてハンゲサポートセンターのバイト君とのやりとり

入力した可能性のある登録情報を送った結果電話番号だけ違っていました。氏名・生年月日・住所などは一致した模様。
こりゃイケるんじゃね?と思ったけど「電話番号が違うため本人確認できません」というテンプレ回答。
登録メールアドレス・氏名・生年月日・住所、これが一致していても本人確認は無理だと言い張ります。どうやらハンゲは全て一致しないと本人確認にはならないという頑な姿勢なようです。

6通目、もういつの番号登録したのかわかんねーし、どうすりゃいいのさ?→それでしたら一旦こちらでIDを預からせていただきワンタイム解除を行い、書類郵送にてパスワードを再発行しますので情報開示料1028円振り込め


(;゚ Д゚) …!?


(つд⊂)ゴシゴシ


( ゚д゚)ポカーン


1028円で出来るなら最初から言えよwwこちとら最初から登録情報を覚えてないと言ってたろうが!!
ここ数日のバイト君との不毛なやりとりはなんだったのだろうか・・・
電話番号だけ違うがために1028円払うのはちょっと腑に落ちないよね・・・ID使えるようになるならまぁいいかな
んで1028円払ったところですぐやってくれるわけではない模様。振込みから1週間~10日ほどで書類郵送するという回答
おいおいおい!書類作るのに1週間から10日ってどこのお役所仕事だよwwwwおまえら無能すぎだろwwww
今回のサポートセンターの対応もそうだけどさ、1日に1~2回しか回答・対応しないって怠慢すぎ!顧客なめてんだろ

まー気長に待ってればいいか
その間PSO2でも楽しみますわ
スポンサーサイト

思わぬ形で引退になりそうです

自業自得といえばそれまでなのですが
PCが起動しなくなりやむなくOSを再インストールしました。
ほとんどの情報は別ドライブへ保存していたのでなんの問題もなかったのですが、問題が起きたのはハンゲームのワンタイムパスワードです。
OS・VIP Accessの再インストールによりトークンIDが変わってしまいハンゲームにログインできなくなりました。すぐさまハンゲームに問い合わせてワンタイムパスワードを解除してもらうと試みました。


1通目、ID・登録メールアドレスとワンタイムログインできなくなった経緯を書く→状況と登録者情報(住所電話番号など)詳しく書いてください
2通目、登録情報はよく覚えてないのでパスとアクセスログを送る→こちらで保存されているパスワードは暗号化されているのでサービスセンターでは確認できない。登録者情報を書け。
3通目、だから登録者情報を覚えてないし、書いてたとしても適当に書いた可能性がある。→お客様はハンコインの利用者登録をすでに済ませておりその登録情報と一致しない限り本人確認はできない。
4通目、じゃハンゲーム登録時・ワンタイム登録時の確認メールが残っているからキャプチャーしたのでそれで本人確認してくれ→外部サイトへのURLは原則として開けない事になっております。登録者情報を正確に書け。
5通目、はぁ!!??こっちは本人確認できる証拠をいくつも提示してるのに確認しない(できない)ってなんだよ!それで対応できないってどういうことだよ!?(一応登録した可能性のある登録情報を手当たり次第書く)→現在返事待ち


とまぁこの様にまともな対応してくれる気配がないのでワンタイム解除できる可能性は低いかもしれないです。というか返信が1日に1回という怠慢すぎる対応なので・・・イライラMAX!!
ちゃんと登録者情報を記入していなかった、その情報を保存していなかった自分が悪いわけなんですが本人確認できるものをこちらから提示しているのに対応してくれないのには頭にきました。
パスワードの紛失などは登録メールアドレスだけで本人確認できるのにワンタイムではそれが無理っておかしいよね。ログインしないと自分でも正確にわからない情報なのにそのログインができないっていうねw
ワンタイム解除も登録メールアドレスからできるようにすべきだと思う。ググると同じような方、詰んでる方など結構いるようなので。

いつどこから流失するかもしれない個人情報なのでゲームアカウントなどは略すか適当が普通でした。
それがこんな結果をもたらすとは・・・自業自得なんですけどね
とりあえず問い合わせの返答待ちなのでまだどうなるかわからないですが、無理な場合このアカウントは「一生使えない」という事になるので実質引退になりますね。

なんか別ゲーに移住すっかな・・・
         
プロフィール


Author:すちゃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。